バナー

Welcome to my homepage

レビトラ

  • 「レビトラ」はEDの治療薬です。EDとはもちろん勃起障害のこと。
    発売元はドイツの製薬会社で、バイエル薬品で作られています。

    世界的に使われている薬で、70ヶ国以上で発売されています。
    発売時期は、米国ファイザー社の「バイアグラ」が発売となった5年後です。
    日本では2004年の6月から発売されました。
    図式的には、アメリカ製「バイアグラ」VSヨーロッパ「レビトラ」といったところです。
    薬の見た目から「バイアグラ」は「ブルーダイア」とも言われています。
    一方、「レビトラ」は「オレンジパール」と言われている。
    主成分でみると、「ラトビア」が「塩酸バルデナフィル水和物」を使用し、バイアグラが「クエン酸シルデナフィル」を使っている。
    効能とこはほとんど同じ働きをしている。

    日本では、3種類の「レビトラ」が製造されているが、これは、塩酸バルデナフィル水和物がどれだけ含まれているかによるもので、5mg、10mg、20mgと分かれている。
    「レビトラ」は発売こそ、バイアグラから遅れること5年となったが、それだけに、バイアグラで認識されている欠点を補う働きが付加されている。
    また、バイアグラやシアリスといった他のED治療薬よりも大きさが小さいので、飲みやすいです。

    「レビトラ」のメカニズムは、勃起を妨げるといわれる酵素の力を低下させるものです。
    これにより、陰茎の勃起に対して効果があるという。

    「レビトラ」の効き目は15分後ぐらいから勃起を得られるようになり、持続時間は4〜5時間と言われている。
    特徴としてこの速効性が高いということと、その持続性も十分確保できるED治療薬です。
    事例としては、バイアグラでイマイチだった人にいい結果がでたという報告もある。

    他にも、糖尿病や前立腺ガン手術によって勃起不全になった人にも勃起の働きを助けることが期待されている。
    また、バイアグラと比較して事やお酒の影響もそれほど考えなくてもいいということも、レビトラの大きな特徴のひとつです。
効能と副作用催淫効果