バナー

Welcome to my homepage

健康管理として

  • パートナーがいても、実はセックスはかなりご無沙汰という男性諸君が多いのでないでしょうか?
    会社ではセクハラまがいや下ネタばかり発するのにいざ事に及ぼうとすると萎えてしまう人、本当に性行為は習慣化しないとダメです。

    そういう意味では、パートナーがいてもいなくても、拒否されても健康管理のバロメーターとしてマスターベーションはするべきです。
    そしてパートナーはあなたの膣内射精を待ち続けているかもしれません。
    たまにはパートナーを抱いて激しいセックスでも試みましょう。
    射精がだめでも、それでも勃起の習慣だけはしておいた方かベストです。
    マスターベーションなんてちょっと虚しいと思われるかもしれませんが、いつも虚しいなんて感じていると、どんどん悪循環に陥って人生自体が虚しくなってしまいます。
    勃起には脳の刺激が必要といわれています。
    なので、ひとつのボケ防止対策にも役立つかもしれません。
    また、スケベなことをよく考える人は長生きするなんてことも、都市伝説の類かもしれませんが、聞いたこともあります。
    気持ち的に老け込むとさらに老化が進んでしまいがちで、ことペニスだけの話でなく、体全体にも影響を及ぼしかねません。

    よく大物政治家といわれ人は精力絶倫という噂もあります。

    これから超高齢化社会を迎えますが、いつまでも元気であるための第一歩として、性的なことの充実を図るということで、ED治療薬「レビトラ」を利用してみるのもいいのかもしれません。
効能と副作用